1カ月でルックスを激的に改善するには?

1カ月でルックスを激的に改善するには?

何事でもそうですが、ルックスの改善も「短期的」に達成できるものと、「長期的」にコツコツと努力が必要なものの2種類があります。例えば、髪型やファッション、といったものは、それこそ最短でいえば1日で激的に改善が可能ですが、ダイエット(体型管理)やアンチエイジング、ヒゲ脱毛などは、ある程度、長期的なスパンでの継続が必要です。

この記事では、まず短期的にルックスを1カ月で改善する方法という趣旨で記事をまとめます。なお長期的にルックスを磨いてイケメンを目指したい場合には、こちらの「誰でも1年かけて長期的に雰囲気イケメンを目指す方法」という記事を参考にしてください。下記は応急処置的に、ルックスを必要最低限のレベルまで引き上げる方法です。

 

まずはターゲットの女の子に受けがいいジャンルを調査

WS02586

 
モテない男性、彼女ができない男性の共通点として、「ひとりよがりなファッション」「自己満足のファッション」を好む傾向にあると思っています。もちろん、お洒落に全く興味がない、気にしていない、という方も多いですが、実は意外と「おれファッションには結構こだわってるよ」って人も多いです。

ただファッションはモテるための、ただの道具だと割り切ったほうがいいです。変なこだわりとかは正直、邪魔です。例えば、ギャル系の女の子を相手にしたいのであれば、お兄系のほうが相性がいいですし、原宿系の女の子を相手にしたいならカジュアルなほうがいいです。CanCanとかお姉系なら、やっぱり綺麗目のほうがいいです。

ターゲットとなる女の子の層(ジャンル)が好む男性像(ジャンル)の格好をするのが一番大事、ということです。いくらあなたがB系ファッションが好きだからといって、一般の女子大生と付き合いたいならB系のウケは最悪です。逆に、爽やかなサラリーマン系の格好は、OLにはウケは良くてもギャルウケは悪いです。「万人ウケするファッション」というのはないです。なるべく、女の子が好む価値観やファッション属性、文化と、自分も同じ系統を装う、ということがポイントです。

このジャンルをどうやって把握するか、ですが、まずは女性ファッション誌をたくさん読んでください。好みの女性が多くでてくる雑誌があると思います。それを見つけたら、その雑誌にでてくる男性モデルを探してください。(女性ファッション誌には、大抵デート特集とか、イケメン特集とか、ありますので)。そして、その男性モデルに近い男性ファッション雑誌を探してください。

 

美容院で髪型を整える

WS02584

 
人の印象の最も変わりやすい部分から変えていきます。まずは髪型です。とりあえずある程度、有名な美容院にいって髪型を整えてもらってください。美容院の探し方ですが、まずはどういう系統(ファッションジャンル)で固めたいのかを上の手順で決めます。

大抵のファッション誌には、1コーナーとして髪型の特集があります。そこで一番おおきく取り上げられている美容院を選んで、雑誌に登場しているスタイリスト本人を指名してください。(どんなに有名店でも、新人さんやアシスタントさんなど、他の人では意味ないので)

全然ビビる必要はありません。雑誌にバンバンでているような有名スタイリストさんでも、普通に一般人の髪もカットしてますので。髪型については、ある程度は「お任せ」で大丈夫だと思います。ただ、「奇抜な髪型」と、「地味すぎる髪型」の2つは避けるようにしてください。理想はミディアムくらいの髪型で、ほんのり茶髪(やや派手)、くらいが誰でも無難にイケメンになれると思います。

黒髪ショートは避けたほうがいいです。モロに顔(スペック)勝負になってしまいます。イケメンなら全く問題ないですが、特に顔に自信がある、というわけでもないなら、なるべく雰囲気イケメンになれる髪型を選んでください。

 

ファッションを上から下まですべて揃える

WS02587

 
初心者にお勧めしたいのは、雑誌に載っている一押しのコーディネートを、上から下までパクることです。ファッションセンスというのは、磨くのに非常に時間が掛かります。特に、女の子のウケが良いファッション、女の子にモテるファッションというのは、たくさんの女の子と遊んだり、交流するなかでしか磨かれません。

たくさんの可愛い女の子と遊べるようになってくると、直接フィードバックを貰える機会が圧倒的に増えます。(例えば、「このコートかわいいね」「こういう格好、好き」など)。ただ、そういった女の子側からの意見がたくさん貰えない状態だと、客観的な判断材料がまだないと思います。なら、ベストなのは「プロが選んだコーディネート」を全くそのまま真似ることです。

ただ、ファッション雑誌によっては、ブランド名や店舗名がちゃんと書いていなかったり、雑誌に掲載されている服がそのままだと手に入らないこともあります。その場合は、次にお勧めなのが「人気ブランドショップ」に出向いて、店頭にあるマネキン人形の上から下までのコーデをそのまま買うことです。これもかなりお勧めです。

大事なのは、「上から下までそのまま忠実にパクる」ことです。変に自分の価値観でアレンジしないほうがいいです。どうせ、女性にバレることはまずありません。あと、高い服を買う必要も全くありません。それよりも、「なるべく若く見える服」を買いましょう。

最後にファッションについての大事なポイントをお教えします。それは、「お洒落をしようと頑張らない」ことです。モテない男性に非常に多いパターンが、「髪型は地味」なのに、「服装だけ派手/頑張っちゃっている」パターンです。これは最もイタくみえることが多いです。逆に最も女の子ウケがいいのは、髪型は少し派手で、服装はシンプルめ、というものです。

 

メガネの人はコンタクトに変える

メガネの人は絶対にコンタクトに変えたほうがいいです。これは単純に、「多数派ウケするファッションを選択する」という恋愛鉄則の話です。「メガネ男子のほうが好き」という女の子は全体でみるとかなり少数派です。

イケメンや人気男性タレントのランキングにメガネの芸能人がランキングすることはまずありません。メガネをかけてテレビに出ているのは、大抵、芸人だけです。もちろん、知的な一面を見せるという「ギャップ効果」で、たまにメガネをかけるのはありですが、普段使いは「コンタクト」にしたほうが間違いなく無難です。

また、同じコンタクトでも、ダークブラウン系のカラコンは結構お勧めです。カラコンというと、一定年齢以上の男性の方だと嫌悪感を抱くかもしれませんが(そもそも何歳の方が主に見ているのか全くわかりませんがw)、ダークブラウン系であれば、いかにも「あ、この人カラコンをつけているな」という感じにはなりません。というか、基本まずバレませんし、自然であればバレても問題ありません。

黒や茶色のカラコンの場合は、自然に瞳が大きくなって目力がつく(目が大きく見える)のでなんとなくイケメンになれます。逆に、女の子が嫌がる「男のカラコン」というのは、例えば、ブルーとか、グレーとか、原色系や派手な色のカラコンです。これらはビジュアル系を連想させてしまうので、かなり女の子のウケは悪くなりますので注意が必要です。

 

眉毛を自然に整える

「眉毛」はあまり美意識の高くない男性にとっては、最も手入れが面倒くさい部位だと思います。でも、だからこそ「見た目に気をつかっているかどうか」が最も露骨にわかる部分です。

女の子は男性の眉毛を意外とよく見ています。なぜなら、女性は当然の生活習慣として眉毛を手入れして整えているからです。自分が眉毛のかたちや位置などに気をつかっているぶん、男性/女性に関わらず、自然と無意識に他人の眉毛もチェックしています。これは、普段から当然のように眉毛の手入れを生活習慣としている男性も同じです。

ですが、普段から眉毛の手入れをする習慣のない男性は、そもそも「なぜ眉毛なんかが重要なのか」というのが理解できません。他人を見ても、「眉毛を整えているかどうか」の違いすらあまりわかりません。髪型やファッションは、初心者でもパッと違いがわかりますし、メンテナンスも不要なので楽しいと思いますが、眉毛は、普段から無頓着な人はなかなか重要性や違いに気付けない、という罠があるのです。

とはいえ男性ですので、そこまでビッチりとかたちを整えても逆に嫌がられることもあります。(ホスト好きやバンドマン好きの若いギャル系など、ターゲットの女の子の属性によっては、整えたほうがウケがいい場合もあります)。美容院によっては「眉カット」コースを用意しているところもありますが、正直、眉毛カットくらいはスキルとして自分で出来たほうが絶対にいいです。といっても、長さを揃えて、不要な部分をカットしたり抜いたりするだけなので簡単です。

 

シークレットインソールなどで身長を盛る

「背が高い男性が好き」という女性はやはり多いです。男が女性の胸や、腰まわり、お尻といった体のパーツに惹かれるように、女性も「男性のセックスシンボル」である特徴には、やはり惹かれる傾向があります。3~5センチ程度であれば、まず違和感をもたれたりバレたりすることもありませんし、自然にスペックを上げることができます。足だけが長くなるので、細身の服も似合うようになります。

やってみればわかりますが、身長を盛るというのは意外とバレないです。なぜなら、女性は恒常的にヒールなどで身長を盛っているからです。靴を脱ぐタイミングは一緒なので、部屋や居酒屋にあがっても身長差が縮まることはあまりありません。また仮に身長を誤魔化していることがバレても、ただの軽い笑い話程度で済みます。それよりも何よりも「背が高い男性が横に並んだときの感じ」というのは、理屈ではなく、本能的に女性を魅了させます。

シークレットインソールには、最初から靴にインソールが仕込まれているタイプ(シークレットシューズ)と、自分で市販の靴のなかに仕込むタイプ(インソール)があります。とはいえ、シークレットシューズはデザインもダサめのものが多いので、お勧めは有名ブランドの靴を普通に買って、自分でシークレットインソールを仕込む方法です。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ